長距離引越しをする際の流れは、以下の通りです。 ・見積もりを取り、引越し業者を決める ・荷物の整理 ・不要品の処分 ・荷物の搬出 ・荷物の搬入 まずは、引越し業者から見積もりを取ります。 料金を比較するためにも、複数の引越し業者に依頼してください。 引越し業者が決まったら、どのように引越しをするのかを考えましょう。 長距離引越しの方法は、トラック、コンテナ、航空便の大きく3つに分けられます。 移動する距離によっては組み合わせることもあるかもしれませんが、どんな方法を選ぶかによっても所要日数や料金が変わってきますから、慎重に選んでください。 それに、荷物を整理して、不要品の処分を行いましょう。 使わない物を整理して、できるだけ荷物を減らすというのが引越しの基本です。 不要品はすぐに廃棄せずに、売れる物は売るようにした方がいいかもしれません。 荷物を搬出する時には、忘れ物がないか必ず確認してください。 そして、新居に荷物を搬入する前に、どこに何を配置するのかスタッフに伝えておきましょう。 そうすることによって、後から家具や家電などを移動せずに済みます。 また、長距離引越しとなると、トラブルが発生する確率も高くなるので、気になることは全て事前に引越し業者に確認してください。